Expect Everything
Because life is just like box of chocolates... you never know what you're going to get
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かくなんてなっていないといった瞬間暖かくなった
さぁお待ちかね(?)
サンフランシスコの画像集

…と言いたい所だけど
実はちょっと延期
ーリアルの話ー

その前に米国でおきた例の大事件
バージニア州でおきた銃乱射事件の事を書いてみようか

ここで断っておくが
俺は被害者側も加害者側もどっちの側に立つつもりは無く、
ただ単に自分の考えであることを理解して欲しい
決して『あっち側が悪い』とか『こっち側が悪い』
など言ってるつもりはないからな

まぁこの事件を要約すれば
米国バージニア州バージニアテック大学4年生、
韓国人のチョ・スンヒが
33人(スンヒ本人含め)を射殺した事件、だ

流れはこんな感じだな:
まず朝7時過ぎ、ジョンストン寮内で
EH(一応匿名)被害者19歳とRC(匿名)被害者22歳両名を射殺
9時過ぎ自分で撮ったと思われるビデオを郵送し、
1キロ程離れたノリス・ホールで乱射を開始、30人射殺した
乱射開始から30分ちょっと過ぎた後に自殺した

概要はざっとこんなものだな

さてスンヒ氏の学校の授業で書いたとされる小さな演劇を
俺も読んでみたが実にグロテスクな表現がされている
しかしよく見てみればその表現方法は幼稚で
中学生、高校生が書くようなものである
とても英語専攻大学4年生が書くようなものとは思えない

スンヒ氏について俺の考え:

スンヒ氏は彼が書いた演劇を通して助けを求めていたのでは?
聞く話ではスンヒ氏は渡米してから英語がうまく話せずに
まわりからからかわれていたらしい(どこも同じだな)
しかし韓国語が話せる韓国人がいたが話しかけずに
孤独だったらしい

ここで考えられることは2点
1.つまり自分の殻に閉じこもっていた自己中ヒッキーか、
2.一種の精神病に陥っていたか
と考えた

そしてスンヒ氏著演劇(英語)について
これははっきり言って異常だな
大学とは言え学校は学校
その学校のエッセイにこれを書いてくるとは考えられない

この演劇を考えに入れたら
スンヒ氏は精神病だったのではないか、それも末期…だった

学校側と学校側の反応について:

最初のEHとRC両被害者が射殺されてから数十分後に寮を封鎖
しかし肝心の加害者を特定できずに
9時過ぎ、メールで(学校は有効な伝達方法を持っていなかった)生徒、教授たちにようやくメッセージが出される
この時既にノリス・ホールで乱射は起きており明らかに手遅れ
さらに2つ目と3つ目のメールが出された頃には
スンヒ氏自身も死んだ後だった

ここで考えたことは、この学校大丈夫か?っていうこっちゃな
しかしよく考えればこの大学は広い
スピーカーで知らせようとしても届かない場合もある
だからメールと言う手段自体はよしとしよう

しかし遅かったと言うことはどういうことだろうか?

む…
これはどうやら職員緊急会議で会議中だったらしい
だがそんなに時間かかるか?
寮を封鎖して、事情聴取もろもろ
大学外の人が入った形跡無しと分かるまで時間がかかったらしいが
…まぁこれも大目に見てやるか

ここで考えたのは警察の動き

流石アメリカの警察と言うべきか
加害者が凶悪で銃を持っていると知ったら
すぐさま軍用ライフルを出していたな、画像を見る限り
使ったかどうかは定かじゃないがな

はっきり言わせてもらうが
学校側についての考えは無いといった方がいいかもな
なぜなら学校、ましてや大学みたいに
巨大な組織の行動全てに理由があるからだ
その理由に納得させられたらあんまり考えは浮かんでこない

だがこの事件は防げたのではないか?とは思うな


しかし俺がどう考えようとこの事件がおきた事には変わり無く
33人がこの世から消えた事にも変わり無い

その事実はいつまでも覚えていたい とも思った


長文・駄文失礼した
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人間おかしくなっちゃうと怖いですね
相当追い詰められていたんでしょうか?
殺し方も相当残忍だったと聞きますし・・
ともあれ、どうもみっずーさん。
例のモノはちゃんとCDに入れときました
っていえば誰かわかりますよね?先輩?
2007/04/26 (木) 17:01:42 | URL | dice #-[ 編集]
おぉ
一瞬誰かと思ったが

あのブツはCDか
おk すまんなありがと
2007/04/26 (木) 22:14:56 | URL | 水まんじゅう #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Expect Everything all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。